岩手県生活協同組合連合会

岩手県生協連について
県生協連のめざすもの
会員生協の概要
県生協連ニュース
アクセス
リンク
ホーム
〒020−0690 岩手県滝沢市土沢220-3 TEL.019-684-2225
Eメールはこちら

10月消費税10%ストップ!にご協力を

2019/02/27

「10月消費税10%ストップ!斎藤貴男講演会」開催報告

〜「10%ストップネットいわて」結成準備会」主催〜

 

 2018年12月14日、有田芳子(主婦連合会会長)・斎藤貴男(ジャーナリスト)・住江憲勇(全国保団連会長)・醍醐聰(東大名誉教授)・浜矩子(同志社大学教授)・山田洋次(映画監督)など10人が呼びかけ人となり、「10月消費税10%ストップネットワーク」(事務局:全国保団連、渋谷区代々木) がスタートしました。

「10月消費税10%ストップネットワーク」の正式ホームページはこちら

 これを受けて、岩手県でも、岩手県生協連など14団体でつくる「10%ストップネットいわて結成準備会(仮称)」を結成し、2019年2月2日に、約110名の参加をえて標記の講演会を主催しました。

 講演会には、「10%ストップ!ネット」の呼びかけ人のひとりであるのジャーナリストの斎藤貴男さんをお呼びし、「消費税10%増税は私たちの社会に何をもたらすか」をテーマに講演いただきました。

▲講演する斎藤貴男さん ▲熱心に聞く参加者たち

 齋藤貴男さんは、講演の中で、消費税の本質や問題点、危険なからくりを指摘し、現政権が画策している「ポイント還元」の不公平性を指摘し、「その最たるものが軽減税率です」と批判しました。そして「今こそ市民と全野党が一緒になり安倍政権を追い詰め、消費税10%増税をつぶしましょう」と訴えました。

 参加者からは、「消費税10%の問題点、うそがよくわかった。これほどひどいとは思いませんでした」「いままで勉強してきたことが間違いないと確信できた。これからも声を上げ続けて行きたい」「弱いものいじめ、低所得者が負担を強いられる税はやっぱりなくすべき。許せないし本当に腹立たしい」などの声が寄せられました。結成準備会からは、当面の活動として、「署名活動の推進」「2月の地方議会への請願提出」「ストップネットいわての賛同の呼びかけ」がされ、3月上旬に同準備会の正式発足をめざすことが報告されました。

<問い合わせ先>

岩手県消団連・岩手県生協連 電話:019−684−2225