岩手県生活協同組合連合会
岩手県生協連について
県生協連のめざすもの
会員生協の概要
県生協連ニュース
アクセス
リンク
ホーム
〒020−0690 岩手県滝沢市土沢220-3 TEL.019-684-2225
Eメールはこちら
「戦争法の廃止を求める全国2000万人統一署名運動を推進する岩手の会」の取り組み
 
2016/03/01

2000万署名岩手の会主催「戦争法の廃止を求める県民のつどい」報告

 

 2000万署名岩手の会(岩手県生協連など4幹事団体)は、2016年2月21日(日)、岩手県公会堂大ホールにおいて、「戦争法の廃止を求める県民のつどい」を県民約420名の参加をえて開催しました。

▲講演する伊藤 真弁護士 ▲会場の様子

<戦争法の廃止を求める県民のつどいの概要>

◇学習講演「安保関連法で開かれる戦争への道〜戦争法は廃止を!」

伊藤 真 弁護士(伊藤塾塾長、日弁連憲法問題対策本部副本部長)

 当日は、憲法改悪反対岩手県共同センターの佐々木 良博代表のあいさつに、主浜 了参議院議員(生活の党)、斉藤 信県議会議員(共産党)が激励のあいさつをいただきました。学習講演会では、講師の伊藤 真 弁護士が「戦争法案は法律として制定しても憲法違反であることに変わりはない。この法案の廃止に向けて、署名・選挙・裁判など自立した市民として行動しよう」と呼びかけました。続いて、2000万署名岩手の会から活動の中間報告、地域・組織の取り組み報告と決意表明がされました。閉会挨拶で、加藤 善正県生協連理事長が「4月末までに署目標名20万筆を達成ししましょう。県内各地で署名活動に取り組み、その結果を4月23日開催予定の署名集約報告会に持ち寄りましょう」と訴えました。集会の後、講師の伊藤弁護士も一緒に岩手県公会堂→桜山神社→大通→映画館通→菜園通→ららいわて前まで、約250名超とともに「戦争法は絶対反対」「9条いかして平和をまもろう」などと声を上げ、アピール行進しました。

▲アピール行進(左端:加藤会長理事、右から2人目:伊藤真弁護士)

伊藤真弁護士の公式HPのプロフィールはこちら

<お問い合わせ先>

幹事団体 岩手県生協連・岩手県消団連 電話:019−684−2225
平和環境岩手県センター 電話:019−623−9201
憲法改悪反対岩手県共同センター 電話:019−625−9191

※岩手県内の学者、弁護士、研究者、宗教人、女性団体、農民団体、生協など129賛同団体で構成する「戦争法の廃止を求める全国2000 万人統一署名運動を推進する岩手の会」(略称:2000万署名岩手の会)

 
 岩手県生活協同組合連合会|〒020−0690 岩手県滝沢市土沢220-3