岩手県生活協同組合連合会
岩手県生協連について
県生協連のめざすもの
会員生協の概要
県生協連ニュース
アクセス
リンク
ホーム
〒020−0690 岩手県滝沢市土沢220-3 TEL.019-684-2225
Eメールはこちら
県生協連ニュース
 
14/01/28

震災復興応援プロジェクト「冬休みおもいっきり遊ぼうin 盛岡」報告

 

 岩手県生協連(滝沢市土沢、加藤善正会長理事)と岩手県ユニセフ協会(三浦宏会長)は、2014年1月11日〜12日(1泊2日)、被災地の子どもたちに冬休み盛岡でおもいっきり遊びゆっくりしてほしい」との目的で、「震災復興応援プロジェクト『冬休み おもいっきり遊ぼう in 盛岡』」を盛岡市内で実施しました。
大槌町・釜石市・山田町・宮古市などの沿岸被災地のから小学生・未就学児(41名)と保護者たち約70人に参加いただきました。

 第一日目は、いわて生協のベルフ青山店で生協ボランティアの皆さんが用意してくれた「トン汁」に舌つづみを打った後、土淵小中学校体育館に移り、ユニセフのボランティアや岩手大学生ボランティアにお父さんお母さんも参加し、「手つなぎ鬼」や「ドッチボール」を楽しみました。夜は、市内のつなぎ温泉「愛真館」に宿泊し、ボードゲームなどで遊びました。

 第二日目は、子ども科学館を訪れ、実験工作やプラネタリウムを体験しました。子どもたちは、昼食を岩手大工学部食堂で食べた後、県ユニセフ協会と岩手大学が用意してくださったお土産を手に元気に帰路に着きました。子どもたちのはじけるような笑顔と元気さが印象的な二日間でした。

 参加した子どもたちと保護者の皆さんから「楽しかった」「親子対決ができてうれしかった」「いつもの仮設住まいとはちがってゆっくり過す子どもたちをみられました」など感想が寄せられました。

トン汁おいしいよ〜(ペルフ青山店) お父さんといっしょに食べるとおいしいね
私たちが作りました!いわて生協ボランティア 岩手大学学生ボランティアの皆さん
手つなぎ鬼やドッチボールで遊ぶ(土淵小中学校) 岩手大学学生ボランティアのみなさんとゲーム
子ども科学館で実験工作をしました 「おみやげ」を手に帰路へ(岩大工学部食堂にて)

▲全員で記念撮影 盛岡市立土淵中学校体育館にて

<参加してくれたお友だちの声(抜粋紹介)>

  • ぼくが一ばんたのしかったのはドッチボールです。はじめておんせんでおともだちができてたのしいなあとおもいました。
  • あいしんかんの温せんがまわれたこと。ドッチボールで親子の対決ができてうれしかった。
  • 食事がとてもおいしかった。体育館でドッチボールや手つなぎ鬼が面白かったです。プラネタリウムは初めて見たので興味がわきました。星座は少し難しかった。夕方はボードゲームのラッキーパズルが楽しかったです。

<参加した保護者の声(抜粋紹介)>

  • 親と子、ともにとっても楽しめました。私は仮設住まいでまわりに公園もなく友達もいないため、子どもたちが走り回ったり、友達と楽しそうにしているのを久しぶりに見ました。とてもうれしかったです。
  • いろいろな方と交流でき、新鮮でよかったです。家族旅行にはない楽しさでした。冬休みの思い出づくり、子ども達の心にも残ったと思います。
  • 仮設住宅の中で生活して窮屈な思いをしていますので、のびのびと楽しんだと思います。学生の方々と一緒に遊べて楽しそうでした。

<お問い合わせ先>

岩手県生協連 電話:019−684−2225

 
岩手県生活協同組合連合会|〒020−0690 岩手県滝沢市土沢220-3